村上 あさひ Asahi Murakami (女性)

1975 大阪生まれ

 大阪市内で幼少期を過ごした後、街開きして間もない泉北ニュータウンに移り住む。4世代。7人に柴犬と白文鳥の大家族だった。

 

 日曜の朝に入る不動産ちらしを眺めながら空想すること、

自室の模様替え(机と本棚2本、洋服箪笥。同素材でモジュールの揃った家具を与えられたのが大きかった)が好きな小学生だった。中学高校では、剣道部に所属。

 

 1994      大阪市立大学生活科学部 生活環境学科へ入学

  

 1996 父母の長年の夢が叶い、長野県、御嶽山の山裾に山荘が建つ。初めて目にする木造建築の建て方は鳥肌ものだった。山に響くかけやの音。強烈な木の香り。とにかく頼もしかった大工さん。“住宅”に興味があり進んだ道(生活環境学科)だったが、ここで初めて、『木造』を強く意識する。

 

 1998 卒業。Ms建築設計事務所へ。5年間、『建築とは』『木造住宅とは』『仕事とは』をみっちりと叩き込まれる。

寝ても覚めても木造建築の日々を送る。

 

 1999年末 「パーリァンに小学校をつくる会」の調査旅行に同行する。(中国 雲南省)2000年の幕開けは宿泊中のホテルで、爆竹の音とともに迎える。ここでの経験や出会いが今の自分に大きな影響をあたえる。

   ・

   ・

   ・

 2003 Ms建築設計事務所退社

 

 2004  一級建築士事務所MUK

 

 2005 ヨーロッパ旅行 

  

 2006 長女誕生。食のことにはじまり、自分と家族にとってたくさんの“大切なこと”に気付かせてもらった妊娠期間だった。素敵な助産師さんとの出会いがあり、自宅出産を選ぶ。

 

 こどもがいることで繋がった仲間と、『お結び母の会』結成。築180年のお屋敷(土塔庵)を拠点に活動。良質の(自分たちが本当によいと思える、という意味での)人形劇や音楽を、とびきりの空間で、また、食の大切さを伝える場としてのイベントを年に数回開催。想いを同じくする方との 多くの出会いに感謝。

 

 2008 30年のマンションを購入。設計(MUK)施工(夫)の共同作業でリフォームし、引越し。新居にて、次女誕生。

 

 

 妊娠期間中に『操体法』という身体のバランスを整える術に出会い、先生を招いて自宅にて教室を開く。妊婦さんや小さいこどものいるお母さんが集まる少人数の教室を月一で開催。あらたなコミュニティの場となる。

 

 2007・2008 岐阜県立森林文化アカデミーに科目履修生として入学。「木造建築病理学」を学ぶ。今後目指していく方向のひとつとして、既存住宅の再生という道がみえてくる。

 

 2009 アースデイ浜寺公園に、お結び母の会で出店。(2008年に続き、二度目。)南大阪を拠点に活動する人との繋がり、街との繋がりをもっと深めたい、との思いを新たにする。

   ・

   ・

ワークとライフのバランスを模索しつつ、悪戦苦闘の時期・・・・・・・

   ・

   ・

 2011 素敵な保育園との出会いがあり、こどもたちの転園を決行。こどもたちの適応力は目を見張るものがありました。毎日楽しくて仕方ない!といった様子で登園していく背中をみながら、母も負けてられない!と(笑)

 

 2012 ①既存住宅の「現況を診断」した上で、必要な手当てを施し、性能面の向上をはかるリフォーム手法 (住宅医スクール

 

       ②エネルギー利用を抑えつつ、なおかつ快適に暮らすために、「温熱環境」をデザインする手法(野池学校) 

今年はこの2点を重点的に学び、日々の設計にいかしていきたいと意気込んでいます。

 

 2013 三女誕生。


 2014 生後3ケ月のころからあらわれはじめた三女の湿疹はじわじわと広がり、アトピー性皮膚炎と診断されました。痒みでいつも不機嫌。掻きむしっては血だらけ浸出液だらけに。外出先での視線が痛くて堂々と歩けない日々。藁にもすがる思いで様々な治療法に望みをかける日々。試した療法は数知れず。心折れそうになることも多々ありましたが、「痒みよりも笑いを」と家族みなで助け合った1年でもありました。2歳を前に、症状は少しずつですが、落ち着きつつあります。


 2015 

 

 

土塔庵
土塔庵