福袋

今日は、会社初出の日。

昨日の夜から、何か落ち着かず。本を読んだり、インターネット見たり、年賀状を見たり・・・。緊張で、結局寝るのがおそくなってしまった。

 

朝から子供達を保育所に送り、4歳のなつきは大泣き。もしかして僕と同じ?それから近くの神社に参らせていただき、いざ出陣。

 

いつもは自転車か車で通勤するが、今日は最初の日ということで電車と徒歩。理由がもうひとつ、去年から電池切れだった腕時計の電池を入れ替えたい、以前駅前の時計屋さんがしっかりしているという噂を聞いていた為、途中で時計屋さんに寄っていくことにした。

 

しかし、その豪華な感じの時計屋さんに断られてしまう。というのもこの時計、何回かことあるごとに時計屋さんに持ってゆくが、どうもこのメーカーの店にいかないと入れ替えが不可能だった。今回も同じで心斎橋の店まで行ってくださいとのこと。普通だったらイラッと来る僕も、また同じか・・・。と諦めていた。

 

電車に乗って、会社最寄の駅 改札出てすぐに「時計 電池交換」と看板がある小さな時計屋さん発見。ま、一応聞いてみるかと時計を見せると、「20分くらい待って!」とご主人。

 

「え!?、できるんですか・・・」

 

おいくらですかと尋ねると、3150円で、正月価格で消費税の150円はサービスしておきますとのこと。嬉しかった。欲求が満たされる瞬間。

そしてご主人、そこの福袋買ってもらったら500円で電池交換できますけど、と福袋を薦められ、また、その福袋の中に3回分500円で電池交換できる券(一応年賀状にプリント)が入ってるからどんな時計でも500円であと2回します。

 

そんなサービスあるのか・・・。

 

そういえば家にもまだ何個か電池入れ替え待ちの時計があった。迷わず今年最初の福袋購入!

 

本日の教訓としては、諦めずにアタックする精神を持て、ということかもしれませんが、でも注目したいのはかゆいところに手の届くサービス。

 

いろんな店や企業が、お客様の欲求を満たすサービスを施すが、その守備範囲はさまざま。建築業界でも同じで、自分たちは身近で、小さいことでも対応でき、自分たちがプロとして持つ軸のなかで、相手の欲求を繊細に把握し、問題を解決することが、仕事として受け入れられ、認められる、そんな存在になりたいし、なるべきだと強く感じました。

 

そして、僕がブログに書くように、そんな話を聞いてまた人が集まる場所を創造してゆきたいと感じました。

 

長々とすいません、少し感動したもので。

 

 

 

 

 

ちなみに、福袋の中身は・・・。

スティッチの福袋が一番気に入ってくれるかな。