御所のTさん宅へ

昨春、竣工した御所のTさんの家へ、お邪魔してきました。

水越トンネルを抜けると、真っ白に霧がかかり、運転も不安なほどでしたが、

山を下ると、快晴!そして、懐かしの白い家が見えてきました。

 

建物計画中に誕生したAくんは、とことこと歩き回るほどに成長し、

お姉ちゃんのS子ちゃんは、吹き抜けに面したスリット階段の段板に

ぶら下がり、ゆーらゆら。(そういう遊び方があるのね。。)

 

御所の田園風景に向かってばーーんと、開放的に暮してられる様子。

家まわりのちょっとした大工工事を、近くに住むお父さまが

こつこつとすすめられてる様子。(井戸ポンプの上に屋根をつけたり、

擁壁横の板塀とか)

S子ちゃん、Aくんが、家じゅうを縦横無尽に遊びまわる様子。

玄関脇に季節の花がさりげなく飾られている様子。

アプローチの古瓦の周りに、狙い通りの苔が生えてきている様子。

(庭匠さん、やりました!)

 

Tさんの暮らしをすっぽり包み込む、この家の懐の深さのようなものを感じ、

いい家になったなぁ、

と、うれしく思いました。

 

帰りは洋食屋わだきんのナポリタンと、

日本一たい焼き。そして、(梅本豆腐店がお休みなのは残念でした。

工事中、よく通った、とってもおいしい豆腐屋さん。)

かなん道の駅と、懐かしスポットを巡りながら帰宅しました。