花屋にて

ときどき前を通りかかる小さな花屋があります。

特に目新しい草花が置いてあることもなく、価格もそこそこ、

おしゃれな感じは皆無。といった店構えで、

前を通るだけで、立ち止まることもなかったのですが・・・

 

昨日、はじめて立ち止まりました。

店先に一鉢だけ、ピンク色のぼけの木。一緒にいた母が、「欲しい!でも、うちにはもう植えるところないわ。ぼけは水がたくさんいるから、切らしたらすぐ枯らしてしまうし」というのを聞き、そしたらやめとこ、私きっと、枯らしてしまうから。と通りすぎる。でも、なぜか、心惹かれ、少し行って引き返して、再度、眺める。

 

ペットショップで特定の子と目があってしまって・・・という経験はないけれど、例えるとそんな感じかな。「わたし、連れて帰るわ」とぽそっと言って、お店の人に声をかける。

 

職人風の店主のおじさん。これはいい木やよ、と、名残惜しそうに、最後の剪定をしながら、育てるポイントなど、丁寧にアドバイスくださり、「大事に育てたってください」という言葉で店先まで送り出されました。

本当、ちょっとしたことなんですが、心地よい時間と、いい買い物ができたという満足感。しっかり得られました。

 

 

量販店には品揃えでも価格面でも及ばない。

おしゃれなフラワーショップとも明らかに一線を画する。

でも、小さい個人商店だからこその生きる道があるのでは、と、自身の仕事スタイルとも少し重ね合わせたりしつつ、足取り軽く帰宅しました。

 

 

枯らさないよう、大事に育てよう。