はとのはなし

最近、車で走っていると、行く手を阻む鳩に何度か遭遇しました。

必死で何かをついばんでいるのは、春になって虫たちの活動が活発になったことと関係あるかな。

 

数日前。鳩に行く手を阻まれ、(突っ込んでいたらちゃんと逃げてくれたのかしら・・・)

後続車もなかったので車を停め、鳩が退いてくれるのをしばらく待ちました。

 

後部座席からなつきが一言。

『鳩さんたち、かーちゃんが運転手でよかったなー』

 

これを聞いてふと思い出したこと。

 

1980年2月発行の『ちいさいなかま』という雑誌に掲載されたこの詩(つぶやき)

 

               むらかみあさひ(4歳2ヶ月)

 

 きょうな

 はと ぼんやりしてて ひかれてん

 はと みみ きこえへんのやろか

 はと おともだちと あそんでてんで

 おともだちは にげてん

 おともだちのほうが わるいで

 おともだち しってたのに

 じぶんだけ にげて

 ゆうたれへんから

 はと ひかれてん

 

          (母 村上昌子 採集)

 

古ぼけた雑誌。これをこういうかたちでのこしてくれた母に感謝です。