七五三でした!

先日の日曜日。なつき6歳、きみか3歳。揃って七五三のお参りに行ってきました。

 

朝から(母と祖母が)大騒ぎしながら着付け。がらりとお姉さんぽい姿に大変身するなつきに

『なっちゃん、お姉ちゃんみたい!すごーーい!!』の歓声があがるたび、

『きみちゃんはどうせかわいくないんやろ。ねーねだけかわいいんやろ』と、

いちいちふくれるきみか。

 

とびきりの晴れ姿。いつのまにこんなに大きくなったんだろうと、こういう節目ごとに

ハッとさせられます。

あいにくのお天気でしたが、父ちゃん母ちゃん、串本のじいじにばあば、そしてお山のばあばと共に

お参りに行ってきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

慎重派で、観察眼が鋭く、人の気持ちにも敏感で、そして相変わらず、とびきりやさしいなつき。

 

小さくてか弱い存在だった妹きみかがめっきり強くなり、対等にやりあえるようになってきたことへの警戒心やら、

つい感情的に怒ってしまう母への反発。(ごめんね) 来年、もう一人家族が増えることを

楽しみに思う反面、忙しい母ちゃんがもっと忙しくなってしまうのでは、の不安もあるようで。

(こういうことは私には話さず、祖母宅に泊まったときなどに、こっそり話してくれるようです)

そんなことで、日々の生活では、彼女はちょっと反抗期の気配。成長の一過程と、頭では理解しつつ、

ついつい、育児書をめくり直したりと、母もまだまだこどもたちと共に成長中、です。

 

対して、

押しが強くて、食いしん坊。感情表現が派手で、そしてそして、愛嬌たっぷりのきみか。

 

大好きな『ねーね』に手荒く扱われても、やっぱり大好きだからついていく。

小さいころからなぜか、「年配の男性」が気になるようで、

先日の外食先では、隣のテーブルの、歳の頃60くらい?の男性グループにも散々

愛嬌を振りまくので、この子、年配の男性が大好きなんです、と説明したところ、

  珍しいね。いいおじいちゃんがいて、たくさん可愛がってもらって育ったのでは?と。

そういえば、、、、

 

お参りに一緒に行けなかったお山のじいじ。お空からきっと見てくれてたはず。

すてきな女の子になった二人の姿に嬉しくて、泣いてしまって雨になったのかもね。