着工しました。

 

10月。

枚方K邸新築工事、堺I邸マンションリフォーム工事。2つの現場が動きはじめました。

 

どちらも三女の誕生前からお話しをいただいていた物件です。見るからにフットワーク重そうな私の状況も

わかった上で、それでも、と、ご依頼してくださったお施主さまには感謝の気持ちでいっぱいです。

 

7月から、祐季も保育園に通い始めています。きみかの通う園には、残念ながら入れず。

2ヵ所の保育園への送迎は思いのほか時間もかかるし、

(きみかが祐季のクラスの0歳児と毎日のように遊びます。はよ行くで!と毎日叫んでます。)

行事も2倍だし、(運動会はばっちり重なってしまいました。)

夕方はなつきの学童の迎えもあるので3ヵ所になり、誰から迎えに行くか等で、しょっちゅう姉妹喧嘩です。

 

限られた時間内で集中して仕事し、夕方早めに切り上げて迎えにまわって帰宅後は、

寝るまでの数時間、どっぷりこどもたちとの時間を満喫する。 

怒涛の数時間。そして、9時にはみんなで布団に倒れ込む感じで!!

 

こんなペースに落ち着いてくるまでには、いろいろ、ありました。

 

 祐季の湿疹のこと、

 小1になったなつきとの宿題を巡るバトル、母への反抗心がめきめきと。

 きみかの激しい赤ちゃん返り、こころの不安定からか、登園しぶりに、ちょこっと吃音も。

 自身の体調不良、、、などなど。

 

すべてに理由があるな、と気づき始めた最近。(遅い!)

 

祐季の湿疹には、心折れそうになることもありますが、

このところ我が家のブームで、「祐季がもっといっぱい笑ったら、お顔もきれいになるかもしれないな。」

と、皆で競うように笑かしあいっこです。

10点満点で、たくさん笑ったら「10ゆうゆ」(ゆうゆ=祐季のこと) 1ユーロ2ユーロ、、みたいでしょう。

 

夕方、いつも3番目の迎えになる祐季を迎えにいく車内で、なつきが

「早く祐季に会いたいなー。祐季、めっちゃくちゃ可愛いもんなー。あー早く会いたくてたまらんわー」と。

はいはいも始まり、可愛い盛りの0歳児。本当ならお出かけしても「可愛いねー」とたくさん言われるはずなのに(!)

顔の湿疹のため、どこに行っても「まぁどうしたの?かわいそうに!!」と声がかかることに、

実はとても傷ついている私。

 

なつきの言葉に救われる。そう、かわいくてかわいくてかわいい祐季。なのだ、と。

 

 

 

快晴の土曜日。きみかのカーニバル(運動会のようなもの)でした。

園の方針で、訓練?に近いような練習は一切せずに、当日こどもが参加して楽しい、お祭りのような

行事です。フィナーレには、被災地へのメッセージを記したカードを、風船にのせて飛ばしました。